鉄の可能性を最大限に引き出す、三重県四日市の株式会社 中央鐵骨

沿革

昭和24年6月 名古屋市南区南陽通り四丁目に於て資本金100万円を以って
中央鐵骨工事株式会社設立、代表取締役 磯野秀夫なる
昭和27年4月 名古屋市熱田区六番町七丁目に移転
昭和32年3月
資本金300万円に増資
昭和33年6月 資本金600万円に増資
昭和36年11月 資本金1,200万円に増資
昭和39年10月 資本金2,400万円に増資
昭和45年11月 資本金 4,800万円に増資
昭和47年1月 知多工場4,966㎡新設(昭53年閉場)
昭和48年7月 四日市工場 7,315㎡稼動
昭和54年2月 本社工場を現在地(四日市工場)に移す、玉木昌夫 代表取締役に就任
昭和54年2月 名古屋営業所開設
昭和58年4月 建設大臣認定 Hグレード取得
昭和62年5月 CAD,FACEシステム導入
平成元年11月 名四工場開設
平成2年3月 名四工場 6BH導入、H鋼加工ライン完成
平成3年6月 社名を株式会社中央鐵骨と改称
平成4年6月 名古屋営業所新築(平成12年閉所)、コア連結溶接ロボット導入
平成5年9月 鵜飼 功 代表取締役に就任
平成8年6月 CAD,SALTUS新システム導入
平成11年5月 名四工場 新型6BH1000導入
平成12年4月 玉木信介 代表取締役に就任
平成13年7月 名四工場 3,584㎡増設
平成14年2月 本社工場 2号棟改築、名四工場 門形クレーン7.5t増設
平成15年8月 ドッキング溶接ロボット(ツーアークシステム)導入
平成16年3月 コア連結溶接ロボット導入 、7月 本社工場 3,503㎡増設
平成16年5月 名四工場 門形クレーン7.5t増設
平成17年3月 本社工場 5号棟(塗装工場)設置
平成17年4月 ISO 9001:2000認証取得、コア連結溶接ロボット増設
平成17年5月 名四工場 新型6BH1000II導入
平成18年5月 名四工場 天井、片門形クレーン4.8t 2基増設
平成18年11月 本社工場 新型ショットブラストマシン設置
平成19年7月 本社工場 3号棟改築、及び天井クレーン4.8t 1基増設
平成19年9月 CAD STACE 新システム導入
平成19年12月 本社工場 ドッキング溶接ロボット 3号機設置 、製品置場クレーン増設
平成20年6月 本社工場 200tプレス設置 、9月 CNCドリルマシン設置
平成23年9月 名四工場 両面H形鋼開先加工機入替
平成24年7月 名四工場 新型JFEショットブラストマシン入替
平成25年1月 本社工場 CAD KAPシステム導入
平成26年9月 本社工場 多層盛溶接ロボット導入
平成27年5月 本社工場 天井クレーン15t/5tを20t/5tに更新
平成28年1月 川越ストックヤード開設、及び門形クレーン10t/5t・7.5t設置
平成28年3月 本社工場 鋼板開先加工機 更新
平成29年1月 ドッキング溶接ロボット(ツ―アークシステム)20tに入替
平成29年1月 コア連結溶接ロボット(ツ―アークシステム)4tに入替
平成29年12月 「地域未来牽引企業」経済産業省より選定
平成30年1月 本社工場 ロボット工場2.8t→4.8t橋形クレーンに入替
平成30年3月 名四工場 片門形クレーン2.8t→4.8tに入替
令和元年8月 本社工場 コア連結溶接ロボット4tに入替
令和元年11月 亀崎新田ストックヤード開設、及び門形クレーン10t/5t 2台・7t 2台追加

 

本社工場 名四工場


Copyright (C) CHUOU TEKKOTSU Co.,Ltd. All Rights Reserved.